スクール新着情報


スクール新着情報

新着スクール

誤嚥性肺炎の予防/摂食・嚥下機能向上を可能にする!

 経口移行につなげる 嚥下リハビリテーションと口腔へのアプローチセミナー 

 本セミナーは、安全に経口移行に繋げて行くために、誰にでも即日から実践できるようプログラムされている実習セミナーです。
 講義では、『呼吸路の安全性の確保・口腔咽頭機能の賦活・口腔機能に応じた食事調整』の3つの視点から口腔生理学を学び、さらに乳幼児期の食物摂取機能の発達過程をもとに、嚥下機能や問題点を現場で活用できる知識を解りやすく解説します。

その講義を踏まえ、姿勢の調整・保持・ポジショニング、正常な嚥下訓練、口腔へのアプローチとして口唇閉鎖訓練法、口腔リハビリに至るまで、2人1組および3人1組で集中して実技を行います。また、18名限定と言う少人数での講義/実技指導であるからこそ、講師と参加者が一体となり現場での悩みなども適宜解決しながら進めていける他にはないセミナーです。

【セミナーポイント】
・新たな視点で3つのキーワードから摂食/咀嚼/嚥下のアプローチを習得
・機能発達から学ぶ、口腔ケアや食事の拒否と反射への対応を学ぶ
・誤嚥性肺炎を予防し安全に食べるための効果的な口腔ケア・口腔リハビリ

【プログラム】
AM:講義
■摂食・咀嚼・機能を理解するための基礎知識(1)
・「口」から食べる意義を理解する
・口腔機能の発達から要介護の摂食・嚥下機能を支援するポイントを学ぶ
 (子供の離乳のステップからヒントを得る)
■安全に食べるための口腔機能の把握

11:30~12:30 昼食休憩

PM:講義・実習
〔講義・実習〕
■摂食・咀嚼・機能を理解するための基礎知識(2)
★3つのキーワードで考える口腔へのアプローチ
(1)呼吸路の安全確保 (2)口腔咽頭機能の賦活 (3)口腔機能のレベルに応じた食事調整
■摂食嚥下機能を向上させる口腔生理学に基づく口腔リハビリ法

~休憩~

〔実習〕
■誤嚥性肺炎を予防し、摂食機能を高める口腔ケアの実践
・ハイリスクのある口腔ケアとは
・3つのキーワードから行う効果的な口腔ケアと口腔へのアプローチ
・口腔生理学に基づく摂食嚥下機能の向上
●質疑応答(参加者より)

講師写真

ポジショニング先進国ドイツに学ぶ

脳卒中患者の回復を促す ベッド上のポジショニング  【九州・1日実技コース】

近年、ベッド上におけるポジショニングによる患者の回復への影響が認識されつつあります。
適切にポジショニングを行うことは患者が機能を取り戻し、早期回復を促すことにつながり、現場において取り組むべき課題として意識が高まっております。特に脳卒中患者においては麻痺側(肩、股関節、等)、健側を考慮したポジショニングを行うことで、効果的に回復を促していくことが可能になります。この度、ポジショニングの先進国家であるドイツより講師を招き、臨床で活用できるセミナーを企画させていただきました。
是非この機会にご参加くださいますようお願い申し上げます。


-学習のポイント-
◆患者の動きを促進するポジショニング
◆麻痺側(片、股関節、等)をケアするポジショニング
◆早期に座位、歩行を獲得するためのポジショニング
◆早期回復・離床を促すモビライゼーション

<1日セミナー>
グループに分かれ、ベッド上でのポジショニングを講師の直接指導で体験・実践トレーニング

講師写真

臨床で役立つ実践研修 ポジショニング先進国ドイツのスペシャリスト Sabine M. Becker女史に学ぶ

緩和ケア・ターミナルケアにおけるベッド上のポジショニング- 快適性・痛みをケアするポイント -

緩和ケア・ターミナルケアにおいてポジショニングが患者の身体及び心理に大きな影響を与え、その効果の重要性に対する認識は高まっております。一方で臨床現場におけるポジショニングは各患者において状況は異なり、実践していくことの難しさをよく伺います。この度、ポジショニングの先進国家であるドイツよりナースを招き、臨床で活用できる実技中心のセミナーを企画させていただきました。ぜひご参加お待ちしております。
 
習得ポイント!
★痛みのケア
 患者の触り方、動かし方。ポジショニングクション
 選定と使い方。呼吸のサポートの方法
★看取りを考慮したポジショニング
 患者の状況の理解して対応する視点
 快適性を追求するための優先順位と柔軟性
★自身の体を認識する“身体認知”
 ポジショニングによる刺激の提供
 身体及びメンタルへの影響

講師写真

20人限定!先進国ドイツの講師による直接指導

緩和ケア・ターミナルケアにおけるベッド上のポジショニングー快適性・痛みをケアするポイントー

緩和ケア・ターミナルケアにおいてポジショニングが患者の身体及び心理に大きな影響を与え、
その効果の重要性に対する認識は高まっております。一方で臨床現場におけるポジショニングは
各患者において状況は異なり、実践していくことの難しさをよく伺います。この度、ポジショニングの先進国家であるドイツよりナースを招き、臨床で活用できる実技中心のセミナーを企画させていただきました。ぜひ、ご参加ご検討お願いします。


習得ポイント!
★痛みの緩和を目指すポジショニング
★痛みをケアする患者の触り方、動かし方
★ポジショニングによる呼吸のサポート
★身体認知を促すポジショニング
★看取りを考慮したポジショニング
※ベッドでの実技を中心にトレーニングを行います!

-講義スケジュール-
AM【講義】
●痛みの緩和、ケアを目指すポジショニング
●呼吸のサポート、身体認知の促進のポジショニング
●看取りの視点でのポジショニング
PM【実習】
●ベッド上での実技トレーニング
-患者の接し方、触れ方のポイント
-介護者の体の使い方、立ち位置、姿勢
●質疑応答

※途中昼食休憩(1時間程度)と適宜小休憩あり
※実習はグループに分かれて行います

講師写真

一日セミナー【基礎編】 ポジショニング先進国ドイツのスペシャリスト Sabine M. Becker女史に学ぶ

生活不活発病(廃用症候群)予防のためのベッド上のポジショニング 【福岡会場】

医療・福祉現場におきましてはベッド上で不動(動かない)状態が続くことの身体に与える悪影響の認識が高まっております。その中でベッドにおけるポジショニングは患者の姿勢を保持するだけの行為から、動きを引き出し、支援することで機能維持・回復を促す方法として考え方が変化してきております。この度、ポジショニングの先進国家であるドイツよりナースを招き、臨床で活用できるセミナーを企画させていただきました。ぜひご参加の程ご検討お願いします。
 
習得ポイント!
★Setting in Motion (動きの支援)
 保持するだけでなく“動き”を引き出し、支援・誘導
 するポジショニング
★安定かつ動きやすい臥位、座位〈長坐位>
 身体の触れ方、動かし方、ポジショニングクッション
 の使用方法(サポートする部分の理解と当て方)
★ポジショニングクッションの活用による“身体認知”
 を促進する刺激の提供方法

講師写真

前へ  1  2  3  4  5  6  次へ

LACスクール年間予定表 (2018年07月26日現在)
(2018年07月26日現在)
製品紹介サイト lac-library.com
ムーファ
キネステティク・プラクティス 教育プログラム修了者とこれから受講される方のための情報ブログ
VIV-ARTE
キネステティク:プラス 教育プログラム
キネスティック研修 年間予定表(2014年07月08日現在)
(2014年07月08日現在)
SSL グローバルサインのサイトシール