スクール検索


スクール検索

検索条件

開催エリア  北海道/東北   関東/甲信越   東海/北陸   関西   中国/四国   九州/沖縄 
カテゴリー  ポジショニング   シーティング   トランスファー   褥瘡(床ずれ) 
 摂食・嚥下   キネステティク   その他 
講師
会場
日付  年  月  日 ~  年  月  日
キーワード 検索

スクール情報

開催エリア:関西 開催日:2019年10月09日(水)

ICUでの早期離床を実現するポジショニングセミナー

~ ドイツに学ぶICUにおけるEarly Mobilization(アーリーモビライゼーション)の実践【大阪】

近年、医療現場におきまして早期退院を目指し、患者の回復を促すための積極的な介入の
認識が高まっております。急性期(ICU)からベッド上でポジショニングを適切に行うことは
患者の動きの支援につながり、早期回復を促す効果を発揮します。この度、ポジショニングの先進国家であるドイツより講師を招き、臨床で活用できるセミナーを企画させていただきました。是非この機会にご参加くださいますようお願い申し上げます。


-学習のポイント-
◆ポジショニングによるEarly Mobilization(アーリーモビライゼーション)
◆早期回復、退院に向けてのドイツ病院での取り組み
◆早期、座位確保のためのポジショニング
◆呼吸をケアするポジショニング

※ベッド上でのポジショニングを講師により実際にご紹介
◆◇お得なグループ割引◆◇
専用ページよりお申し込みください。
>> https://www.ing-professional.com/si-wagner-em2

講師写真

開催エリア:関東/甲信越 開催日:2019年10月06日(日)

ポジショニング先進国ドイツに学ぶ

~ 脳卒中患者の回復を促す ベッド上のポジショニング  【東京】

近年、ベッド上におけるポジショニングによる患者の回復への影響が認識されつつあります。
適切にポジショニングを行うことは患者が機能を取り戻し、早期回復を促すことにつながり、現場において取り組むべき課題として意識が高まっております。特に脳卒中患者においては麻痺側(肩、股関節、等)、健側を考慮したポジショニングを行うことで、効果的に回復を促していくことが可能になります。この度、ポジショニングの先進国家であるドイツより講師を招き、臨床で活用できるセミナーを企画させていただきました。
是非この機会にご参加くださいますようお願い申し上げます。


-学習のポイント-
◆患者の動きを促進するポジショニング
◆麻痺側(片、股関節、等)をケアするポジショニング
◆早期に座位、歩行を獲得するためのポジショニング
◆廃用予防、早期回復・離床を促すモビライゼーション

<1日セミナー>
グループに分かれ、ベッド上でのポジショニングを講師の直接指導で体験・実践トレーニング
◆◇お得なグループ割引◆◇
専用ページよりお申し込みください。
https://www.ing-professional.com/si-wagner-s2

講師写真

開催エリア:関東/甲信越 開催日:2019年08月24日(土)

腰痛をなくし、持ち上げない介護を実現!

スタッフの意識が変わるトランスファープログラム徹底学習セミナー


人手不足を抱える現場の負担も軽減!
腰痛対策でスタッフの”からだ”を守りつつ、より良いケアを提供するための
移乗技術とアセスメントの仕方を学べるセミナーを開催します。
『座学&実演』高齢者疑似体験なども体感しながらわかりやすく学べるスタイルです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●腰痛対策のための移乗技術とアセスメント徹底学習セミナー●
          詳細ページ
         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://www.ing-professional.com/sk

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

現場におけるトランスファーの問題は皆様さまざまだと思いますが
*利用者もスタッフもつらい移乗方法このままでいい?
*この移乗方法利用者の可能性をうばってない?
*表皮剥離や不自然なあざ、褥瘡の発生・・移乗方法で防げる?
移乗ケアをトータルに考えてみませんか

△▼主な学習内容▼△
┌──────────────────────────────
│       
├○ 利用者の残存能力活用術

├○ あなたのタッチが与える影響と重要性
│  
├○ クレーム回避!スキンテアに留意した移乗方法
│   
├○ 自分の職場のリスクを診断!移乗アセスメント

├○ 医療・介護の現場におけるプレゼンティーイズム   

└──────────────────────────────

 案内動画⇒https://youtu.be/wIRsbOrAaCw

◆特別企画のご案内◆
セミナー終了後、率直な皆さまからの感想やご意見を動画で撮影させていただき(簡単に30秒程度です)
弊社ホームページ等で活用させていただきます。
ご協力いただける方にはもれなくマルチグローブをその場でプレゼントさせていただきます。

ご協力いただける方はご質問、ご要望欄に、「特別企画申込」と記載ください。

ご不明な点などございましたらご遠慮なくお問い合わせください!

講師写真

開催エリア:関東/甲信越 開催日:2019年10月08日(火)

ICUでの早期離床を実現するポジショニングセミナー

~ ドイツに学ぶICUにおけるEarly Mobilization(アーリーモビライゼーション)の実践【東京】

近年、医療現場におきまして早期退院を目指し、患者の回復を促すための積極的な介入の
認識が高まっております。急性期(ICU)からベッド上でポジショニングを適切に行うことは
患者の動きの支援につながり、早期回復を促す効果を発揮します。この度、ポジショニングの先進国家であるドイツより講師を招き、臨床で活用できるセミナーを企画させていただきました。是非この機会にご参加くださいますようお願い申し上げます。


-学習のポイント-
◆ポジショニングによるEarly Mobilization(アーリーモビライゼーション)
◆早期回復、退院に向けてのドイツ病院での取り組み
◆早期、座位確保のためのポジショニング
◆呼吸をケアするポジショニング

※ベッド上でのポジショニングを講師により実際にご紹介
◆◇お得なグループ割引◆◇
専用ページよりお申し込みください。
>>https://www.ing-professional.com/si-wagner-em2

講師写真

開催エリア:関西 開催日:2019年09月08日(日)

「高齢者の生活環境支援」~生活の中の姿勢と活動ケア~2日プログラム

機能訓練指導員・看護・介護職のための 「ベッド上ポジショニング」「持ち上げない移動・移乗介助法」基本セミナー~移動・移乗介助編~【大阪会場】

従来から介護現場で多く行われている「持ち上げる移動・移乗介助」は、介助される方の自分で動く力は考慮されないことが多く、無理に介助することで皮膚に表皮剥離が生じ、不快感や痛みを与え、心身に緊張を高めてしまうこともあるのではないでしょうか?
一方で、介助者も持上げる際に身体へ過度な負担がかかり、腰痛などを引き起こす主な原因になっています。
本セミナーでは、介助者、被介助者の双方にとって快適かつ安全な「持ち上げない移動・移乗介助法」の基本を学んでいただきます。

<講義>
1.移動動作と移乗動作
2.人が移動する際の重心位置と支持面の関係
3.持ち上げる移動・移乗介助が骨盤・腰椎に及ぼす悪影響
4.褥瘡予防のためにも、引きずらないケアを!
5.持上げない移動・移乗介助の3つの基本原理
<実技>
1.ベッド周囲の環境設定、介助者の立ち位置
2.従来の持ち上げる介助での被介助者体験
3.スライディングシート、シーツを活用したベッド上移動介助実習
  上方、側方移動、体位変換、起き上り動作
4.すべり座りの座位修正介助
5.トランスファーボード、シーツを活用したベッド⇔車いすの移乗介助実習
<まとめ>
1.施設、在宅現場での持上げない移動・移乗ケア事例紹介
2.対象者の身体レベルに合わせた移動・移乗
  ケアプランの作成、伝達研修のコツ

講師写真

前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  次へ

LACスクール年間予定表 (2019年04月22日現在)
(2019年04月22日現在)
製品紹介サイト lac-library.com
ムーファ
キネステティク・プラクティス 教育プログラム修了者とこれから受講される方のための情報ブログ
VIV-ARTE
キネステティク:プラス 教育プログラム
キネスティック研修 年間予定表(2014年07月08日現在)
(2014年07月08日現在)
SSL グローバルサインのサイトシール