スクール新着情報


スクール新着情報

新着スクール

「高齢者の生活環境支援」~機能訓練指導員・看護・介護職のための~

「神内先生 基本セミナー受講者フォローアップセミナー2日目【東京会場】

本セミナーでは神内先生の過去のセミナー受講者を対象に、16名という小人数で2日間を
通してケアの根拠を再確認し、さらに確かな技術を身につけていただきます。
「職場に帰って実地してみたけど、ここが難しかった!」「一人ひとりに合ったケアプランは
どうやって立てるの?」など現場の疑問を解消できます。

※本セミナーは、職場全体での取り組みへと発展することを目指しているため、セミナー
 受講者と同施設の方も受講していただけます。
 一日のみの受講も可能ですが、内容が連動しているので2日間の受講がおすすめです。

<フォローアップセミナーの主な内容>
1)「高齢者の生活環境支援」基本編には含まれなかった「車いす上でのより良い座り方」
  「標準形車いすでのシーティングの基本」の講義&実技を実地!
2)「ポジショニング基本編」「持ち上げない移動・移乗介助基本編」セミナーでニーズの高かった
  内容を、更に深めて実技体験!
3)現場で多くみられる事例を基に、ポジショニング~持ち上げない移動移乗~シーティングの
  総合ケアプランを、グループワークで実際に体験し習得につなげる!
4)施設、病院、職場ごとの研修の進め方、浸透させるためのノウハウの伝授!

【2日目セミナープログラム】


-内容-
●臥位姿勢・背上げ姿勢のポジショニング
●ベッド上での持ち上げない移動介助法
●ポジショニング~移動・移乗~シーティングのケアプラン&実技

-研修スケジュール-
●ベッド上臥位姿勢ポジショニングのポイント
●スライディングシートを使ったベッド上移動介助法のポイント
●ベッド上背上げ姿勢ポジショニングのポイント
<昼食>
●生活の中に溶け込むポジショニング~移動・移乗~シーティングを考えてみよう!
一日のケアプランの立て方、施設での事例紹介
●円背事例、四肢拘縮事例、片麻痺事例など、モデルケース実技をグループワークで実施します。

本研修の講義時に使用するパワーポイントデータCD付!
※PPデータなので院内での伝達講習にも役立つ

講師写真

18名限定!福祉先進国デンマークの第一人者に学ぶ 

~ トランスファー(移動・移乗)スペシャリスト育成研修 ~最新の移乗方法をマスターし、現場で指導できるインストラクターを目指す!~

医療・福祉の現場では安全且つ効率的なトランスファ―のニーズが高まっております。
この度、福祉の先進国家であるデンマークより講師を招き、臨床で実践、指導できる
インストラクターを育成するセミナーを企画しましたのでご案内いたします。

~学習のポイント~
◆現場で移乗方法を共有・指導するためのポイントの学習
◆相手に応じた移乗方法&移乗用具の選定能力の習得
◆身体(腰、肩、腕、等)に負担をかけない移動・移乗方法の学習
◆安全(転倒、転落、スキン‐テア)を確保するポイントの学習

グループに分かれ、用具(スライディングシート、ボード)を
活用したベッド上、ベッド⇔車いすでの移動・移乗を体験・実践トレーニング

講師写真

18名限定!福祉先進国デンマークの第一人者に学ぶ 

 ※2名申込専用 ~ トランスファー(移動・移乗)スペシャリスト育成研修 ~最新の移乗方法をマスターし、現場で指導できるインストラクターを目指す!~

医療・福祉の現場では安全且つ効率的なトランスファ―のニーズが高まっております。
この度、福祉の先進国家であるデンマークより講師を招き、臨床で実践、指導できる
インストラクターを育成するセミナーを企画しましたのでご案内いたします。

~学習のポイント~
◆現場で移乗方法を共有・指導するためのポイントの学習
◆相手に応じた移乗方法&移乗用具の選定能力の習得
◆身体(腰、肩、腕、等)に負担をかけない移動・移乗方法の学習
◆安全(転倒、転落、スキン‐テア)を確保するポイントの学習

グループに分かれ、用具(スライディングシート、ボード)を
活用したベッド上、ベッド⇔車いすでの移動・移乗を体験・実践トレーニング

★こちらは2名でのお申込み専用ページです。★
16000円/1名。(通常18000円/1名)
お申込みの際に「ご質問・ご要望」欄に同行者のお名前・フリガナ・職種を必ずご記入ください。
 1名でお申込みの場合 
 3名でお申込みの場合 
 
 

講師写真

18名限定!福祉先進国デンマークの第一人者に学ぶ 

※3名申込専用 ~トランスファー(移動・移乗) スペシャリスト育成研修 ~最新の移乗方法をマスターし、現場で指導できるインストラクターを目指す!~

医療・福祉の現場では安全且つ効率的なトランスファ―のニーズが高まっております。
この度、福祉の先進国家であるデンマークより講師を招き、臨床で実践、指導できる
インストラクターを育成するセミナーを企画しましたのでご案内いたします。

~学習のポイント~
◆現場で移乗方法を共有・指導するためのポイントの学習
◆相手に応じた移乗方法&移乗用具の選定能力の習得
◆身体(腰、肩、腕、等)に負担をかけない移動・移乗方法の学習
◆安全(転倒、転落、スキン‐テア)を確保するポイントの学習

グループに分かれ、用具(スライディングシート、ボード)を
活用したベッド上、ベッド⇔車いすでの移動・移乗を体験・実践トレーニング

★こちらは3名でのお申込み専用ページです。★
16000円/1名。(通常18000円/1名)
お申込みの際に「ご質問・ご要望」欄に同行者のお名前・フリガナ・職種を必ずご記入ください。
 1名でお申込みの場合 
 2名でお申込みの場合 
 
 

講師写真

人気講座が2日間にパワーアップ!

施設・在宅でもココまでできる!視診・触診・聴診をフル活用!! 頸部聴診法のススメ 評価編【大阪会場】

【概要】
「嚥下評価に自信が持てない・・・」「嚥下造影検査(VF)ができないし・・・」「うちはSTがいないから・・・」など、嚥下リハに関わるスタッフの悩みは共通しています。しっかり評価できないと、何が必要で必要でないのか見えてこないから困るのです。
 しかし外から見えない咽頭期障害を評価できる「頸部聴診法」を習得できれば、自分の評価に自信が持てるようになり、教科書的な対応に頼った嚥下リハビリから脱却できるはずです。

 本セミナー(評価編)では、嚥下の見える評価、つまり病態の把握できる評価を目指します。そのためには、従来の「教科書的な知識」の殻を破る必要があります。
 「嚥下障害ってこういうことか!」と実体験しながら、もう一回「嚥下」を見直すことで評価のポイントがはっきりと見えてきます。動画をふんだんに利用した講義と相互実習を主体に、視診・触診・聴診をフル活用した評価のコツを学びましょう。
 「5つの異常音」という判断基準を持つことで、咽頭残留や嚥下反射遅延といった病態イメージがしっかりつかめます。研修内容を症例検討を通してアウトプットすることで、「これならできそう!」「次から意識してやってみよう!」など、明日からの臨床にポジティブなイメージが湧いてくるはずです。


【セミナープログラム】
1.“嚥下の見える”評価をするために必要な視点
 -「スクリーニングテスト」「30度神話・ゼリー神話」の殻を破ろう!-
2.なるほど納得!目からウロコの嚥下“体感”講座
 (実習)「嚥下障害ってこういうことか!」と3つの嚥下機能を体で感じる
3.頸部聴診法を“自信を持って使える”技術にしよう!
 -5つの異常音で咽頭クリアランスと嚥下反射のタイミングを把握する-
  (実習)正常音?異常音?耳を鍛える聴診トレーニングの実践
4.嚥下の見える評価マニュアルの取説
 -3つの嚥下機能・6つの嚥下障害タイプ・10の評価項目を押さえよう!-
5.教科書では学べない評価ポイント“虎の巻”
 (実習)すぐに使える喉頭の触診を完全マスター
6.いざ実践!症例検討
 (実習)評価表記入と3つの嚥下機能の予測・推測の実際
 (実習)食事形態や介助方法など、実際のアプローチを検討

講師写真

  1  2  3  4  5  6  次へ

LACスクール年間予定表 (2019年04月22日現在)
(2019年04月22日現在)
製品紹介サイト lac-library.com
ムーファ
VAP

SSL グローバルサインのサイトシール